五輪の聖火採火、3・11を検討 2020年東京、復興強く発信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギリシャで行われる2020年東京五輪の聖火採火を、東日本大震災の発生から9年となる20年3月11日に行う構想があることが25日、分かった。大会理念の一つである「復興五輪」のメッセージを強く発信する狙いがある。大会組織委員会の森喜朗会長は「そうしたいと思っている」と検討していることを明らかにした。

 実現に向けては、国際オリンピック委員会(IOC)やギリシャ・オリンピック委員会などに要望し、協議を進める必要がある。

 聖火の採火は古代五輪発祥の地、ギリシャ西部のオリンピア遺跡で行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事