ボクシング田中、木村に9月挑戦 最速3階級制覇へ意欲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 WBOフライ級王者の木村翔に挑戦すると発表し、ポーズをとる田中恒成=31日、名古屋市

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級、ライトフライ級に続いて世界3階級制覇を狙う田中恒成(畑中)が31日、名古屋市内で記者会見し、9月24日に同市の武田テバオーシャンアリーナで、WBOフライ級王者の木村翔(青木)に挑戦すると発表した。勝てば世界最速タイのプロ12戦目で3階級制覇となる。

 世界ボクシング協会(WBA)ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が5月に最速記録を更新。フライ級は2戦目で初のタイトル戦となる田中は「3階級制覇できるチャンスがあるのなら臨みたいと思っていた。達成したい」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事