世界バド、高橋礼・松友組敗れる 山口、奥原、桃田ら8強入り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 高橋礼華、松友美佐紀組を下した松本麻佑、永原和可那組=2日、南京(ゲッティ=共同)

 【南京共同】バドミントンの世界選手権第4日は2日、中国の南京で3回戦が行われ、女子ダブルスでリオデジャネイロ五輪覇者で前回銅メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が初出場の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)に0―2(13―21、15―21)で敗れる波乱があった。前回銀メダルの福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)と米元小春、田中志穂組(北都銀行)は順当に勝ち上がった。

 女子シングルスで第2シードの山口茜(再春館製薬所)、2連覇を狙う奥原希望(日本ユニシス)は準々決勝進出。男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)らも8強入りした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事