世界バド永原、松本組メダル確定 今大会の日本勢初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子ダブルス準々決勝 タイ組にストレート勝ちした永原、松本(手前)組=南京(共同)

 【南京共同】バドミントンの世界選手権は3日、中国の南京で行われ、女子ダブルスで初出場の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が準々決勝でタイのペアに2―0で勝ち、今大会の日本勢で初めて銅メダル以上を確定させた。

 3位決定戦がないため、この種目で日本勢4大会連続のメダル獲得が決まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事