山県、桐生らアジア大会に出場 陸上の男子400メートルリレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 練習する(左から)ケンブリッジ、多田、桐生、山県=山梨県富士吉田市

 8月18日に開幕するジャカルタ・アジア大会で金メダルを目指す陸上の男子400メートルリレーについて、日本陸連の土江寛裕五輪強化コーチは3日、山県亮太(セイコー)多田修平(関学大)桐生祥秀(日本生命)ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)のオーダーで臨むことを明らかにした。飯塚翔太(ミズノ)と小池祐貴(ANA)は1600メートルリレーを走る予定。

 100メートルに出場する山県とケンブリッジの負担を考慮し、2人をバトンパスの少ない第1走者とアンカーに起用。銅メダルに輝いた昨夏の世界選手権で1走を務めた多田が2走に回る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事