関東学連、処分解除せず 日大理事長声明受け、アメフット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関東学生アメリカンフットボール連盟の森本啓司専務理事は3日、悪質な反則問題で日本大の田中英寿理事長が初めて声明を発表したことについて「日大の新たなスタートと感じる」と評価した。ただし日大の公式試合の出場資格停止処分の早期解除については「ありません。決まったことなので」と断言した。

 また、除名処分とした日大アメフット部の内田正人前監督と井上奨前コーチから異議申し立てがあったことを7月31日の記者会見で否定したことについて「代理人弁護士から『情報管理に留意してほしい』と要望され、プライバシーを考慮してあのようにお答えした」と釈明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事