西4―3日(3日) 西武が逆転勝ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 7回西武1死満塁、浅村の遊ゴロで併殺を狙った二塁手石井一(奥左から3人目)が悪送球、一塁手中田(手前)が後逸する間に勝ち越しを許した=メットライフドーム

 西武は1―3の七回に代打栗山の犠飛、浅村の遊ゴロと失策で計3点を挙げ逆転した。菊池は七回途中3失点と粘り、八回まで抑えた平井が2勝目、ヒースは3年ぶりのセーブを挙げた。日本ハムは五回以降淡泊な攻撃で無得点だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事