トランポリンW杯、2人が決勝へ 女子の森と土井畑、前橋大会

 トランポリンのワールドカップ(W杯)前橋大会は4日、ヤマト市民体育館前橋で開幕して予選が行われ、女子個人は18日開幕のジャカルタ・アジア大会と世界選手権(11月・サンクトペテルブルク)代表の森ひかる(金沢学院大ク)が105・265点で3位、土井畑知里(三菱電機)が105・005点で4位となり、8人による5日の決勝に進んだ。

 森と土井畑はペアを組んだ非五輪種目のシンクロナイズドも1位で通過した。男子の日本勢は両種目とも決勝に残れなかった。

関連記事
スポーツ > 全国のスポーツの記事