世界ソフト、日本が開幕3連勝 中国に5―0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 中国戦に先発した上野=成田

 ソフトボール女子の世界選手権第3日は4日、千葉県成田市のナスパスタジアムなどで1次リーグが行われ、B組で世界ランキング2位の日本は同12位の中国を5―0で下し、開幕3連勝とした。山田(日立)の本塁打などで得点を重ね、エース上野(ビックカメラ高崎)と藤田(太陽誘電)の継投で無得点に封じた。日本は3試合連続の無失点勝利。

 A組では2連覇を狙う世界1位の米国が同5位の台湾を7―0の五回コールドゲームで下して2戦2勝とした。

 1次リーグは16チームが2組に分かれて争われ、各組上位4チームが変則方式の決勝トーナメントに進む。日本は2大会ぶり4度目の優勝を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事