畠田瞳、体操個人総合で初V 陸上男子砲丸投げは稲福
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子個人総合で優勝した日体大荏原・畠田瞳の平均台=静岡県草薙総合運動場体育館

 全国高校総体(インターハイ)第6日は6日、静岡県草薙総合運動場体育館などで行われ、体操の決勝で個人総合の女子は世界選手権(10~11月・ドーハ)代表候補の畠田瞳(東京・日体大荏原)が58・750点、男子は三輪哲平(大阪・清風)が86・250点で、それぞれ初優勝した。団体総合の女子は東京学館(千葉)が2連覇し、男子は清風と市船橋(千葉)が同点優勝となった。

 陸上は男子砲丸投げで稲福颯(市岐阜商)が18m14で優勝。同三段跳びは松田基(山形中央)、同110m障害は阿部龍斗(福岡大大濠)が制した。1600mリレーの女子は相洋、男子は法政二の神奈川勢が勝った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事