世界ソフトボール、日本が6連勝 第6日、カナダに2―0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本―カナダ 3回、相手の失策で生還する河野(中央)=習志野

 ソフトボール女子の世界選手権第6日は7日、千葉県習志野市の第一カッター球場などで1次リーグが行われ、B組で世界ランキング2位の日本は同3位のカナダを2―0で破り、開幕6連勝で同組2位以内を確定させた。先発の上野(ビックカメラ高崎)が走者を許しながら要所を締めて完封した。

 日本は8日にB組1位を懸けて5勝1敗のオーストラリアと対戦する。カナダは4勝2敗。

 A組は世界1位の米国とプエルトリコがともに6戦全勝とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事