米大リーグ、大谷が代打で四球 平野無失点、前田は8敗目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パドレスとの試合前、キャッチボールするエンゼルス・大谷=サンディエゴ(共同)
 パドレスとの試合前、キャッチボールするエンゼルス・大谷=サンディエゴ(共同) パドレス戦の九回、四球で出塁後、二盗を決めるエンゼルス・大谷=サンディエゴ(共同)

 【サンディエゴ共同】米大リーグは14日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がサンディエゴでのパドレス戦で6―3の九回に代打で出場し、四球だった。守備には就かず、チームは7―3で勝った。

 ダイヤモンドバックスの平野はレンジャーズ戦で6―3の八回途中に登板し、2/3回を無安打無失点で5試合連続無失点とした。チームは6―4で勝った。

 先発から救援に転向したドジャースの前田はジャイアンツ戦で1―1の九回に5番手で登板し、1回を3安打1失点、1三振で8敗目(7勝)を喫した。チームは1―2で5連敗。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事