ボルダリング、野中ら準決勝へ W杯最終戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 準決勝進出を決めた野中生萌=17日、ミュンヘン(共同)
 準決勝進出を決めた野中生萌=17日、ミュンヘン(共同) 準決勝進出を決めた野口啓代=17日、ミュンヘン(共同)

 【ミュンヘン共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング最終戦となる第7戦は17日、ミュンヘンで女子予選が行われ、初の総合優勝を目指す野中生萌や、今季3勝を挙げている野口啓代(ともにTEAM au)が上位20人による準決勝に進んだ。野中は予選2組で5課題全てをクリアし、野口は予選1組で4完登だった。

 日本勢は16歳の伊藤ふたば(TEAM au)や18歳の中村真緒(青学大)らを含め、計6人が予選を突破した。

 18日は男女の準決勝、決勝が行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事