26年ア大会秋開催、正式決定へ 愛知県と名古屋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ジャカルタ共同】2026年アジア大会を共催する愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村たかし市長が18日、アジア・オリンピック評議会(OCA)のアハマド会長とジャカルタで会談した。19日のOCA総会で開催都市契約を締結し、9月19日から10月4日までの16日間とする会期を正式決定する予定で、アハマド会長は「大会の成功に疑いはない」と信頼を示した。

 秋開催は、選手のパフォーマンスや集客を考慮して暑い夏を避ける狙いがある。

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長も同席した会談で、大村知事は「8年後の大会を大成功させたい」と意欲を表明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事