ラグビー、ナミビアが出場権獲得 19年W杯日本大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ロンドン共同】ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会のアフリカ予選を兼ねたゴールドカップは18日、ナミビアの首都ウィントフークなどで行われ、ナミビアがケニアを53―28で破って優勝し、6大会連続6度目のW杯出場を決めた。2位のケニアは11月にマルセイユ(フランス)で行われる最終予選に回る。

 世界ランキング23位のナミビアはW杯1次リーグでB組に入り、同1位のニュージーランド、同6位の南アフリカなどと対戦する。

 最終予選はケニア、カナダ、ドイツ、香港の4チーム総当たりで行われ、残る1枠を争う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事