サッカーU20、スペインと決勝 女子W杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 イングランドを下し決勝進出を決め、喜ぶ日本イレブン=バンヌ(ゲッティ=共同)

 【バンヌ(フランス)共同】サッカーのU―20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)は20日、フランスのバンヌで準決勝が行われ、日本とスペインがともに初の決勝進出を決めた。日本はイングランドを2―0で下し、スペインはフランスに1―0で競り勝った。決勝は24日午後7時半(日本時間25日午前2時半)から行われる。

 日本は前半22分に植木が3試合連続となる今大会5点目を決めて先制。同27分に遠藤の2試合連続ゴールで追加点を奪った。

 2大会連続6度目の出場となる日本のこれまでの最高成績は3位。今大会は1次リーグでもスペインと対戦し、0―1で敗れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事