太田は金、皆川は銀 レスリング・21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ジャカルタ・アジア大会のレスリング男子グレコローマン60キロ級で優勝し、雄たけびを上げる太田忍=21日、ジャカルタ(共同)

 レスリングは男子グレコローマンスタイル2階級と女子2階級が行われ、男子60キロ級でリオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダルの太田忍は決勝でキルギス選手にフォール勝ちし、今大会で日本勢初の金メダルを獲得した。

 女子76キロ級で昨年の世界選手権75キロ級3位の皆川博恵は決勝で中国選手に敗れて金メダルを逃した。女子が採用された2002年釜山大会以降、日本は初めて優勝者が一人も出なかった。

 女子68キロ級の源平彩南は銅メダルを逃した。敗者復活戦は制したが、3位決定戦でキルギス選手に屈した。男子グレコ67キロ級の下山田培は1回戦で敗退した。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事