フィギュア世界女王が今季全休 オズモンド「次のステップ検討」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3月の世界選手権で優勝したケイトリン・オズモンドのフリー演技=ミラノ(共同)

 フィギュアスケートのカナダ連盟は21日、昨季の世界選手権女子で優勝し、平昌冬季五輪銅メダルのケイトリン・オズモンドが今季全休すると発表した。

 6月にはシーズンの本格開幕となるグランプリ(GP)シリーズを欠場すると表明していたが、休養期間を延ばすことになった。22歳のオズモンドは「1年休養して次のステップを検討することが、最良の決断を下すために重要だと確信している」とコメントした。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事