バド女子で48年ぶり優勝 アジア大会、日本金ラッシュ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カヌー・スラロームの男子カナディアンシングルで、金メダルを獲得した羽根田卓也=22日、インドネシア西ジャワ州マジャレンカ(共同)
 カヌー・スラロームの男子カナディアンシングルで、金メダルを獲得した羽根田卓也=22日、インドネシア西ジャワ州マジャレンカ(共同) ジャカルタ・アジア大会のバドミントン女子団体で優勝し、表彰式で金メダルを手に笑顔の日本チーム=22日、ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジア大会第5日(22日)バドミントンの女子団体決勝で日本が5連覇していた中国を3―1で破り、48年ぶりに頂点に立った。日本はこの日、8種目で優勝する金メダルラッシュとなった。

 競泳男子は400メートル個人メドレーで瀬戸大也が200メートルバタフライに続く2個目の金メダル。100メートル平泳ぎでは小関也朱篤が200メートルに続いて2冠を達成し、400メートルリレーでも日本が優勝した。

 女子100メートル背泳ぎは酒井夏海が制し、2020年東京五輪の新種目、混合400メートルメドレーリレーで日本は2位に終わった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事