ボクシング京口、9月LF級初戦 IBFミニマム級王座返上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見後にポーズをとる京口紘人=22日、東京都内

 減量苦のため国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級王座を返上した京口紘人(ワタナベ)が22日、東京都内で記者会見し、9月25日に東京・後楽園ホールでチボ・モナベサ(インドネシア)とライトフライ級10回戦で対戦すると発表した。階級変更後の初戦となる。

 10戦全勝(7KO)で24歳の京口にとっては世界2階級制覇に向けた第一歩。「ベストの階級で試合をする。一から世界を目指す。不安はない」と強気に語った。28歳のモナベサはライトフライ級の世界ランカーで、20戦18勝(8KO)2分けのサウスポー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事