東大出身51年ぶり先発登板 宮台投手、勝敗付かず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東大出身者としては51年ぶりに先発した日本ハムの宮台康平投手=23日、東京ドーム

 東大からプロ野球日本ハムにドラフト7位で入団した新人左腕、宮台康平投手(23)が23日、東京ドームで行われたソフトバンク22回戦で、東大出身者として51年ぶりに先発し、4回2/3を4安打2失点で降板した。チームは2―6で敗れ、プロ初登板の宮台投手に勝ち負けは付かなかった。

 二回に3安打で2点を先制され、0―2の五回に2死一、二塁のピンチを背負ったところでマウンドを降りた。

 東大出身投手の先発登板は3人目で、1965年に大洋(現DeNA)の新治伸治、67年に中日の井手峻がともに3度ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事