バド、タカマツが決勝 アジア大会、第10日見どころ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バドミントンは女子ダブルスで前回大会銀メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が決勝で中国ペアと対戦する。ビーチバレーは石井美樹(湘南ベルマーレ)村上めぐみ(オーイング)組が女子決勝に臨む。初採用のアーチェリー混合リカーブは古川高晴(近大職)杉本智美(ミキハウス)組が金メダルを懸けて北朝鮮ペアと戦う。

 陸上は男子やり投げの新井涼平(スズキ浜松AC)や走り高跳びの戸辺直人(つくばツインピークス)衛藤昂(味の素AGF)がメダルに挑む。

 サッカー男子の日本は準々決勝でサウジアラビアと対戦。空手は男子組手84キロ級で荒賀龍太郎(荒賀道場)が2連覇に挑む。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事