チームで日本は銀メダル AS・29日

 ASの8人で演技するチームで、日本が合計182・8690点で4大会連続の銀メダルを獲得した。中国が合計186・9395点で4連覇した。

 午前のテクニカルルーティン(TR)は乾、福村、丸茂、安永、木島(以上井村ク)吉田(ザ・クラブピア88)小俣(アクラブ調布)塚本(東京ク)が演技して90・9357点の2位、午後のフリールーティン(FR)は木島に代えて京極(井村ク)を起用し、91・9333点の2位だった。(共同)

関連記事
スポーツ > 全国のスポーツの記事