体操協会がスポ庁に経緯説明 暴力やパワハラ告発で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 報道陣の取材に応じる日本体操協会の山本宜史専務理事=3日午前、スポーツ庁

 日本体操協会は3日、女子の宮川紗江選手を巡る暴力行為やパワハラ疑惑について、スポーツ庁の斎藤福栄スポーツ総括官らに経緯説明を行った。山本宜史専務理事は「経過の報告と現状の説明をさせてもらった。協会のガバナンスを含めて検討し、二度とないように取り組んでいってほしいと指導をいただいた」と述べた。

 山本専務理事は、今週中にも第三者委員会を設置して調査する方針を示した。

 速見佑斗コーチは宮川選手への暴力を認めており、無期限登録抹消の処分を受け入れた。宮川選手はこの問題とは別に、協会の塚原千恵子女子強化本部長と塚原光男副会長からパワハラ行為を受けたと告発した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事