江の島でセーリングW杯開催へ 五輪テスト大会に意気込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会(11~16日・神奈川県藤沢市)に出場する日本代表選手の記者会見が3日、東京都内で行われ、8月の世界選手権で日本女子初の金メダルを獲得した470級の吉田愛選手(ベネッセ)は「江の島を拠点に練習してきた。いい成績を目指し、大会を盛り上げたい」と意気込みを語った。

 日本でのW杯の開催は愛知県蒲郡市が会場だった昨年に続き2度目。今大会は東京五輪で使用される江の島ヨットハーバーを拠点に行われ、五輪全競技を通じて初のテスト大会となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事