五輪ボランティア、20日以降に 森会長が募集開始時期明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪の準備状況を確認する事務折衝で、あいさつする組織委の森喜朗会長(左)とIOCのコーツ調整委員長=11日午前、東京都港区(代表撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は11日、大会のボランティアの募集開始時期について「20日以降になると思う」と明らかにした。大会の準備状況を確認するIOCと組織委などとの事務折衝の冒頭あいさつで述べた。組織委は当初、今月中旬になるとの見通しを示していた。

 IOCのコーツ調整委員長は西日本豪雨や北海道の地震など今夏の日本で自然災害が相次いでいることを受け「バッハ会長に代わり、心からお見舞い申し上げたい」と述べた。「計画の中で潜在的にいろいろな自然災害が起きるかもしれないというのを考慮しないといけない」と対策の重要性も説いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事