バドの藤井・垣岩組が引退へ ロンドン五輪、女子ダブルスで銀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2012年8月、ロンドン五輪バドミントン女子ダブルスで銀メダルを獲得した藤井(右)、垣岩組=ウェンブリー・アリーナ(共同)

 2012年ロンドン五輪バドミントン女子ダブルスで2位となり、同競技の日本勢で初の五輪メダルを獲得した藤井瑞希、垣岩令佳組(再春館製薬所)が19日、今季限りで引退すると発表した。12月に始まるS/Jリーグを最後に現役を退く。

 30歳の藤井は「とても満足のいくバドミントン人生を送ることができました」とコメント。29歳の垣岩はコーチとして再春館製薬所に残る。「教わってきたこと、経験してきたことなどを後輩たちに伝えていきたい」との談話を出した。

 青森山田高時代にペアを組み、06年全国高校総体を制覇。ロンドン五輪後にペアを解消。東京五輪を目指して再結成していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事