WBO木村、田中とも異常なし ボクシング予備検診
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 予備検診を受ける田中恒成(中央)と木村翔=22日、名古屋市

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ(24日・名古屋市武田テバオーシャンアリーナ)の予備検診が22日、名古屋市内で行われ、3度目の防衛が懸かる王者の木村翔(青木)と挑戦者で世界3階級制覇を狙う田中恒成(畑中)はともに異常なしと診断された。

 身長は木村が164・8センチで田中よりも0・1センチ高く、リーチは5・5センチ、胸囲も1・8センチ上回った。体重をあと2キロ減らすという木村は「減量は問題なく、あと1日あるのでちょうどいい」と順調ぶりをアピール。田中も「コンディションは良い。やり残したことも特にない」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事