競技団体審査に新制度導入へ 議連有識者会議が提言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツ界で続発する不祥事対策を協議する超党派のスポーツ議員連盟の有識者会議がまとめる提言に、国が競技団体の健全運営の指針「スポーツガバナンスコード」を策定し、この順守を審査する新制度の導入が盛り込まれることが8日、分かった。

 審査主体は独立行政法人、日本スポーツ振興センター(JSC)とする案と、日本オリンピック委員会(JOC)などにする2案を示す方針。有識者会議は9日の会合で提言を取りまとめる。議連はこれを受け、法整備の必要性などを協議する見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事