大谷翔平、大リーグ新人王 日本勢17年ぶり4人目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 投打の「二刀流」で活躍したエンゼルスの大谷翔平選手(共同)
 投打の「二刀流」で活躍したエンゼルスの大谷翔平選手(共同) 今季のア・リーグ新人王に選出され、水原通訳(右)と喜ぶ米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手=12日、アナハイム(Angels Baseball提供・共同)

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑んだ大谷翔平(24)が12日、今季のア・リーグの最優秀新人(新人王)に選出された。日本選手では1995年の野茂英雄投手(ドジャース)2000年の佐々木主浩投手、01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙となった。

 大谷は「1年目に取れたのがすごくうれしい。(イチロー以来の受賞に)子どもの頃から見てきた。憧れのような選手」と喜びを語った。

 新人王は全米野球記者協会会員の投票で決まる。大谷は30人のうち25人から1位票を集めるなど137ポイントを獲得した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事