男子グレコの文田健一郎が優勝 レスリングのU―23世界選手権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 文田健一郎

 レスリングのU―23(23歳以下)世界選手権は14日、ブカレストで行われ、男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(ミキハウス)が決勝でアゼルバイジャン選手を下して優勝した。同67キロ級の中橋涼(日体大)と同82キロ級の鶴田峻大(自衛隊)はともに3位決定戦で敗れた。

 女子は50キロ級の五十嵐未帆(至学館大)、55キロ級の五十嵐彩季(至学館大)、68キロ級の森川美和(日体大)が決勝に進んだ。59キロ級の熊野ゆづる(日大)は準決勝で敗れ、3位決定戦に回った。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事