藤森が100m個人メドレー4位 短水路の競泳W杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)最終戦は15日、シンガポールで行われ、男子100メートル個人メドレーで藤森太将(木下グループ)が51秒63で4位となった。砂間敬太(イトマン東進)は56秒76で8位だった。

 男子の100メートルバタフライで梅本雅之(レッドクイーン)は51秒13で5位。藤森は100メートル平泳ぎで6位、砂間は200メートル背泳ぎでは8位だった。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事