小平奈緒、500mで30連勝 スピードW杯第1日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子500メートル 優勝した小平奈緒=明治北海道十勝オーバル
 女子500メートル 優勝した小平奈緒=明治北海道十勝オーバル 女子団体追い抜き 2分57秒80で優勝した(右から)高木美、佐藤、高木菜=明治北海道十勝オーバル

 スピードスケートのワールドカップ第1戦は16日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕し、女子500メートルで平昌冬季五輪女王の小平奈緒が37秒49で優勝した。この種目では2季前から国内外で30レース無敗。世界記録を保持する1000メートルと合わせてW杯通算20勝に到達した。

 辻麻希が3位に入り、高木美帆は6位。

 女子団体追い抜きは高木美、高木菜那、佐藤綾乃で組んだ平昌五輪金メダルの日本が2分57秒80で優勝した。W杯では2季前から8連勝となった。

 男子は500メートルで初出場の22歳、新浜立也が34秒87で3位に入った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事