FA権行使の炭谷、巨人と初交渉 原監督からメッセージも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 巨人との初交渉を終えて取材に応じる、西武からFA宣言した炭谷銀仁朗捕手=16日、東京都内

 西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使した炭谷銀仁朗捕手(31)が16日、東京都内で巨人と初めての入団交渉を行った。球団から原辰徳監督の「優勝するために力を貸してほしい」とのメッセージを伝えられ「熱い気持ちを感じた。原監督にそう言っていただいたのはうれしい」と語った。

 巨人からは3年総額6億円程度の条件提示を受けたとみられる。西武も残留交渉を続ける方針を示しており「そんなに長引かせたくはないが、じっくり考えていい決断を出せれば」と話した。交渉した巨人の大塚淳弘球団副代表は「手応えはあったのではないかと思っている」と好感触を口にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事