阪神、初交渉の西勇輝に好感 ソフトバンクなどと争奪戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 阪神がオリックスから国内フリーエージェント(FA)宣言した西勇輝投手と最初の入団交渉を行ったことを谷本修球団本部長が17日、明らかにした。秋季キャンプ地の高知県安芸市で取材に応じ、16日に大阪市内で熱意を伝えたという。「好青年ですね」と好感を覚え「先発の責任を安定して果たしている」と改めて高評価を口にした。

 先発投手陣の強化が課題だけに、通算74勝の実績を持つ西は補強ポイントに合致している。ソフトバンクなどと激しい争奪戦になりそうで、次回交渉は未定だが「決められたらいい」といい返事を期待した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事