イングランドに逆転負け ラグビー日本代表英国遠征
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本―イングランド 前半、トライを決めるリーチ=トゥイッケナム競技場(共同)
 日本―イングランド 前半、トライを決めるリーチ=トゥイッケナム競技場(共同) 日本―イングランド 後半、逆転トライを許し、肩を落とす日本フィフティーン=トゥイッケナム競技場(共同)

 【ロンドン共同】英国遠征中のラグビー日本代表は17日、ロンドン郊外のトゥイッケナム競技場で世界ランキング4位の強豪イングランド代表とテストマッチで対戦し、15―35で逆転負けした。2003年以来の顔合わせで、対戦成績は日本の9戦全敗となった。

 世界11位の日本は前半にSO田村(キヤノン)のPGやCTB中村(サントリー)、フランカーのリーチ主将(東芝)のトライで15―10とリードして折り返し。だが、後半は15年ワールドカップ(W杯)で日本を指揮したジョーンズ監督が率いるイングランドに3トライを許した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事