五輪ボランティア、応募8万人超 44%が外国人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪・パラリンピックのボランティア参加を呼び掛けるチラシ=9月、東京・新宿駅

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、大会ボランティアの応募手続きを完了した人が20日午前9時時点で目標の8万人を超え、8万1035人となったと発表した。日本国籍以外の人の割合が44%に上った。インターネットでの受け付けは12月21日午後5時に締め切る。

 組織委によると、過去大会では実際に採用されたボランティアのうち外国人は10%以下のことが多いという。武藤敏郎事務総長は「予想以上」とし「日本語が不自由だと、十分に活動できるかというのは現実問題としてあると思う」と述べ、活動分野などで配慮が必要との考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事