マラソン、女子で鈴木絵里が3位 米ハワイ州の「ホノルル」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子で3位に入った鈴木絵里=ホノルル(共同)

 【ホノルル共同】第46回「JALホノルル・マラソン」は9日、米ハワイ州ホノルルで日本人約1万5千人を含む約3万人が参加して行われ、女子で元ダイハツの鈴木絵里(能代山本陸協)が2時間47分53秒で3位に入った。優勝はビビアン・キプラガト(ケニア)で2時間36分22秒。

 男子はタイタス・エキル(ケニア)が2時間9分1秒で制し、日本勢の最高は春山大樹(DreamAC)の6位で2時間31分33秒だった。

 車いすの男子は副島正純(ソシオSOEJIMA)が1時間39分12秒で6年連続12度目の優勝を果たした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事