米大リーグ、菊池の交渉行方注目 10日からWミーティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 菊池雄星投手
 菊池雄星投手 カイケル投手(共同)
 菊池雄星投手 カイケル投手(共同) ハップ投手(MLB提供・ゲッティ=共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】米大リーグの球団幹部や代理人らが一堂に会するウインターミーティングは10日、ネバダ州ラスベガスで始まり、プロ野球西武からポスティングシステムによるメジャー移籍を目指す菊池雄星投手(27)の交渉の行方が注目される。

 移籍市場が活性化する期間だが、13日の最終日までに所属先が決まる可能性は低いとみられる。日本を代表する左腕でもメジャーではエースの評価ではなく、フリーエージェント(FA)選手に、同じ先発左腕で2015年にアストロズでサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に輝いたカイケルやヤンキースなどで今季17勝のハップが控えるからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事