競泳、瀬戸が短水路世界新で優勝 200メートルバタフライ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子200メートルバタフライ決勝 短水路世界新で初優勝し、喜ぶ瀬戸大也=中国・杭州(共同)
 男子200メートルバタフライ決勝 短水路世界新で初優勝し、喜ぶ瀬戸大也=中国・杭州(共同) 男子200メートル個人メドレー決勝 3位になった藤森太将の平泳ぎ=中国・杭州(共同)

 【杭州共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権は11日、中国の杭州で開幕し、男子200メートルバタフライは瀬戸大也が1分48秒24の短水路世界新記録で初優勝した。この種目で3大会連続の表彰台。

 男子200メートル個人メドレーの藤森太将は1分52秒73で3位に入った。女子400メートル個人メドレーの清水咲子は6位、高橋美帆は8位。男子100メートル背泳ぎの入江陵介は準決勝12位で敗退した。

 男子400メートルリレーで日本の第1泳者、中村克は予選で100メートル自由形の短水路日本記録に並ぶ46秒54をマークし、決勝で46秒22に更新した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事