桃田、奥原ら準決勝進出 バド、ナガマツらも2連勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子シングルス1次リーグでタイ選手を破り、ガッツポーズする奥原希望=広州(共同)
 女子シングルス1次リーグでタイ選手を破り、ガッツポーズする奥原希望=広州(共同) 男子シングルス1次リーグ タイ選手と対戦する桃田賢斗=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第2日は13日、中国の広州で1次リーグが行われ、男子シングルスでB組の桃田賢斗(NTT東日本)はカンタプホン・ワンチャロエン(タイ)を2―0で下して2連勝とし、準決勝進出を決めた。

 女子シングルスでB組の奥原希望(日本ユニシス)もラチャノック・インタノン(タイ)に2―1で逆転勝ちし、2連勝で1次リーグを突破した。

 男子ダブルスの遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)も、2戦全勝で4強入り。女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)と高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)も2連勝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事