楽天の嶋、現状維持の1億円 「苦しいシーズン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 契約更改交渉を終え、記者会見する楽天の嶋基宏捕手=15日、仙台市の球団事務所

 楽天の嶋基宏捕手が15日、仙台市の球団事務所で契約更改交渉し、現状維持の年俸1億円でサインした。今季は113試合の出場で打率2割6厘と振るわず、チームも最下位に終わり「非常に苦しいシーズン。納得している数字は一つもない」と厳しい表情で話した。

 来季は平石新監督の下、巻き返しを期す。「捕手はチームが勝って評価される。勝つために何ができるのかをしっかり考えたい。野球と向き合って一生懸命にやりたい」と意気込んだ。

 また、渡辺直人内野手は200万円増の年俸1700万円で更改した。(金額は推定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事