関東高校選抜ボクシング 女子バンタム級で伊勢崎工の大島 優勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女子バンタム級決勝 関東を制した伊勢崎工の大島(右)=ALSOKぐんまサブアリーナ
(上から)男子ピン級決勝 関東王者に輝いた伊勢崎工の清水(左)、女子ライトフライ級決勝 鋭いパンチを浴びせる館林女の根岸(右)

 ボクシングの関東高校選抜大会第3日は27日、前橋市のALSOKぐんまサブアリーナで開かれ、群馬県勢はともに男子B組で、ピン級の清水逸平(伊勢崎工)とライトウエルター級の乃生夏輝(同)、女子でバンタム級の大島楓子(同)が優勝した。高校での関東制覇はいずれも初めて。

 男子B組でミドル級の大沢春樹(前橋育英)と、女子ライトフライ級の根岸音羽(館林女)は決勝で敗れ、準優勝だった。

  【男子】◇決勝▽ピン級B組
 清水逸平(伊勢崎工) 判定 浅見祐也(東京・日体大荏原)
  ▽ライトウエルター級B組
 乃生夏輝(伊勢崎工) 判定 新井大貴(神奈川・武相)
  ▽ミドル級B組
 遠井千寿(栃木・作新学院) 判定 大沢春樹(前橋育英)

  【女子】◇決勝▽ライトフライ級
 斎藤温輝(栃木・作新学院) 判定 根岸音羽(館林女)
  ▽バンタム級
 大島楓子(伊勢崎工) 判定 田辺未樹(東京・府中東)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事