馬術 2巡目国体視野に小学生を強化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基本の歩法を学ぶスーパーキッズの参加者=県馬事公苑
練習後、馬に水を与える参加者

 2020年東京五輪で日本勢の頑張りが注目される馬術。ジャカルタ・アジア大会で馬場馬術の高橋正直(伊香保バーデンファーム)が団体金に輝き弾みを付けた。県内は昨年度、トップアスリート育成を目指す「ぐんまスーパーキッズプロジェクト」(県スポーツ協会など主催)の対象となり、28年の2巡目国体(国民スポーツ大会)などを視野に小学生の強化が加速している。

 

スーパーキッズプロジェクト 底上げ図る

 前橋市の県馬事公苑では休日、スーパーキッズプロジェクトに参加する子どもたちが練習に精を出す。参加2年目の塩原嗣玄君(群大附小5年)は「高橋選手のように滑らかで人馬一体の演技がしたい。次の地元国体に馬場馬術で出場したい」と笑顔を見せた。

 経験豊富な指導者の下、基本の歩法や障害の練習などに取り組む。参加者は1年目となる4年生9人、2年目の5年生が8人。既に馬場馬術の大会に参加している子どももおり、技術を高めるとともに競技の盛り上がりに寄与している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事