目指せ都大路 きょう群馬県高校駅伝 号砲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
農大二のエース千明(左)=昨年の全国高校駅伝から(京都)
18連覇を狙う常磐のエース坂尻(右)=昨年の全国高校駅伝から(京都)

 全国高校駅伝(12月24日、京都)の出場権を懸けた第52回群馬県高校総体駅伝競走の部が29日、伊勢崎市の華蔵寺公園運動施設周辺コースで行われる。男子(7区間、42.195キロ)は29校、女子(5区間、21.0975キロ)は21校がエントリーし、合同チームで男子2チーム、女子1チームがオープン参加する。スタートは男子が10時半、女子が10時40分予定。男女とも優勝校が全国大会、上位6校が関東大会(11月18日、山梨)への出場権を得る。

◎V3狙う農大二 追う樹徳、前橋育英…男子
 男子は昨年の全国を経験した選手が多く残る農大二が3連覇を狙う。愛媛国体少年男子A5000メートルで8位入賞したエース千明龍之佑は最長の1区(10キロ)起用が濃厚。昨年は都大路の4区を走った栗原啓吾、3000メートル障害で実績を残す宮下璃久も力がある。

 追うのは樹徳と前橋育英。樹徳は同国体少年男子B3000メートル6位の北村光ら有力選手が加入した。新戦力が好調なだけに、エース大沢佑介が復調なるかが鍵。3年ぶりの王座奪還を目指す前橋育英は絶対的なエースこそいないが選手層は厚く、大崩れしない。

 関東大会出場権争いも激しい。昨年6位の藤岡中央はエース島崎慎愛に力があり、先行逃げ切りを狙う。昨年2位の中之条は総合力が高く、健大高崎は県総体1500メートル王者の蓮沼直希に注目。高崎は茂原将悟、戸塚有輝の安定した3年生コンビを軸に、昨年逃した切符をつかみたい。

◎常磐18連覇へ 阻めるか健大高崎…女子
 女子は健大高崎が常磐の18連覇を阻むかが焦点。健大は愛媛国体少年女子A3000メートルで9分3秒台を記録した林英麻、関東大会2位の不破亜莉珠の二枚看板が盤石だ。序盤で一気に女王を引き離したい。迎え撃つ常磐はエース坂尻有花の仕上がりに不安を残すが、阪下玖瑠美らも実力十分。1年生でインターハイ800メートルに出場した山脇きららが長距離に対応できるか。

 新島学園と前橋育英が両校に迫る。新島はインターハイ5000メートル競歩3位の阿部麻莉亜を中心に粒ぞろい。前橋育英は前橋富士見中で全国制覇を経験した伊井笑歩、金子美聡で上位につけたい。

 選手層の厚い市前橋、昨年5位で北関東陸上1500メートル、3000メートルダブル入賞の阿部知宙を擁する前橋女、巻き返しを狙う伝統校の中之条なども控え、関東出場枠争いも油断できない。わずかなブレーキが展開を左右しそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事