関甲信学生野球 上武大連勝 勝ち点1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新潟医療福祉大―上武大 3回裏上武1死一塁、古川が右越え本塁打を放つ=上武大野球場

 大学野球の関甲新学生野球春季リーグ1部は7日、伊勢崎市の上武大野球場で第1節2回戦の2試合を行い、上武大は新潟医療福祉大に5―2で連勝して勝ち点1を得た。次戦は第3節の20日、栃木・白鷗大野球場で作新学院大と対戦する。

 上武大は投手陣が崩れずに序盤の先制を守った。先発本定史好は7回2失点と安定し、3年生捕手の古川裕大も好リード、三回に2点本塁打で援護射撃と活躍した。1年秋から公式戦を踏む本定の快投に、谷口英規監督は「点を取られるまでと見ていたが順調だった。ローテーションを担う力がある」とうなずいた。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事