前橋工高副校長 森英也 七段 全日本柔道で初審判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柔道の全日本選手権で審判を務める森さん。選手時代から憧れの大会だったという

 体重無差別で柔道日本一を争う全日本選手権(29日、東京・日本武道館)で前橋工高副校長の森英也さん(55)=七段=が初めて審判を務める。高校教諭で公認審判員Sライセンスを得た先駆者で、小学校から実業団まで幅広い年代の全国決勝を担当した実績がある。「歴代の世界選手権王者や五輪の金メダリストが審判を務めた最高峰の舞台。大会が盛り上がるよう、役割を果たしたい」と意気込む。

 森さんは前橋東高柔道部監督時代にアテネ五輪銀メダリストの横沢由貴さんらを育てた。伊勢崎興陽高監督をしていた2013年度にSライセンスを取得し、14年度から試合の審判や後進育成を中心に活動。現在も各地の養成講座で講師を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事