巨人ドラフト8位 健大高崎・湯浅「守備、走塁 思い切って」 指名あいさつ受け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉武スカウト(左)と握手する健大高崎高の湯浅=健大高崎高

 巨人からドラフト8位指名された健大高崎高(群馬県高崎市)の湯浅大内野手が6日、同校で岡崎郁スカウト部長と吉武真太郎スカウトからあいさつを受けた。湯浅は「だんだん気持ちが引き締まり、実感が強くなった」「守備や走塁を思い切ってプレーしたい」と入団に前向きな姿勢を示した。


 巨人で憧れる選手には坂本勇人内野手の名を挙げた。「球界を代表する選手で、リーダーシップがある。自分は打撃を課題としているので聞いてみたい」と話した。現在はトレーニングに励み「体重も筋力も増えたが、動ける体にしたい」と来年に備えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事