ラグビーのトップリーグ開幕 ワイルドナイツ逃げ切り辛勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニック―日野 前半22分、パナソニックのCTBライリーがトライを決める=埼玉・熊谷ラグビー場

 【埼玉=小山大輔】ラグビーのトップリーグ(TL)カップが22日開幕し、群馬県を拠点にするパナソニックワイルドナイツ(A組)は埼玉・熊谷ラグビー場で日野と戦い、31―29の接戦を制した。最優秀選手のマン・オブ・ザ・マッチにはパナソニックのCTBディラン・ライリーが輝いた。第2節は29日午後1時から栃木・足利市総合運動公園陸上競技場で、トップチャレンジリーグに本年度昇格した清水建設と戦う。

▽1次リーグA組
パナソニック(4) 31(31―17)29 日野(1)
           (0―12)
パナソ44131 0000 31
   TGP前 TGP後 計
日 野22117 21012 29


 パナソニックは前半にリードし、後半は猛追されたが辛くも逃げ切った。前半3分に相手PGで先制を許した後、ナンバー8ジャック・コーネルセンのトライを皮切りとした4連続トライなどで、最大25点差まで突き放した。

 31―17で迎えた後半は、一転して防戦。2トライを奪われて2点差まで詰められた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事