6人制バレー選手70人熱戦 県障害者スポーツ大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱戦を繰り広げる選手たち

 第36回県民スポーツ祭県障害者スポーツ大会2019(県、県障害者スポーツ協会主催)のバレーボール競技精神障害の部が4日、前橋市のALSOKぐんまアリーナで開かれた。6チーム約70人の選手が熱戦を繰り広げ、ステップ(高崎市)が優勝した。

 6人制のトーナメント方式で実施した。出場者は仲間の声援を背に、「いつも通り落ち着いて」「ナイスサーブ」などと声を掛け合いながら元気よくプレー。得点が決まるとハイタッチして喜び合った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事